Fooding Diary

fooding.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 29日

京都で朝ごはん

金沢はコンパクトな街で、しかも食の旅メインだと、1日あれば見て回れたので翌日は

京都へGo-!!  京都から金沢市までは特急サンダーバードで2時間!

しかもせっかくなら早めに京都入りして朝ごはんは一条の京都御所のお隣にある

虎屋茶遼で一服したいね。。と 今日の朝ごはんは虎屋の和菓子&お抹茶なり!

c0116778_2252220.jpg



c0116778_2252387.jpg


そういえば、虎屋の生菓子って始めてかも! 店舗に行かないと食べれないからですね。

ちょっと大ぶりでしかも甘さ控えめで美味しい! 羊羹の甘さが印象的なので意外でした。

それにしても、この茶遼ステキなんですーーー!!!ライブラリーの本の、ラインナップもいいし、ずーっといたいぐらい、、
c0116778_2252466.jpg

c0116778_2252470.jpg

c0116778_2252567.jpg


建築家の内藤廣さんの設計で、写真では伝わりにくいこの空間の心地良さ!!

決して前に出すぎず、主張しすぎないのに、このなんともたまらない空気感に思わず私が建築を

勉強していた頃にタイムスリップ!  そうなんです。こんな空気を作りたくて建築勉強して

建築士の資格取ったんです!  建築家のエゴが見え見えのデザインばかりが主張するそんな建物じゃ
なくて、シンプルながらもそこに流れる空気が知らず知らずにとーっても心地よいものになってくれるような

そんな空間作り。。 経年劣化の道をたどる家ではなく、、深みを増し味のでてくるそんな空間。。
c0116778_2252634.jpg

c0116778_2252671.jpg


この空気感に感動していると建築物の説明をしてある資料が、、 読んで納得。やっぱりそう!だからだ!
c0116778_2252738.jpg


そこには「建物はこの場所で営々と育まれてきた精神を際立てせるための脇役です。ここでの主役は

外部空間とその奥に潜む時間です。」と書かれていました。

この一文を読まずとてそのことが感じ取れるような本物の建築がここにありました。。。


この空間にほんのひと時でも身を置いて体感したものは私にとって大きく、、 またがんばろう。。と

大きな刺激と活力を与えてくれたのでした。。  

OL辞める時みんなに「箱じゃなくて空気を作りたいんです」と宣言したんでした。。


やっぱり旅しなきゃ!色んなもの見なきゃ!! 私のような仕事をしているものにとって何よりの

勉強はやはり、見て会って、歩いて感じて、、、なのです。 これを再認識させてくれたこの旅と

空間と、建築家の内藤さんにも感謝!! 

名残り惜しさを感じつつもタイムアップで次へ移動、、

御所の中を歩いたら、まぁそれは美しい花々がたくさん!

c0116778_2252816.jpg

c0116778_2252819.jpg

c0116778_2252958.jpg


枝垂れ桜が満開で見事でしたぁ〜(*^_^*)

by foodingclub | 2014-03-29 17:38 | 2014 金沢・京都旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fooding.exblog.jp/tb/21936090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Ryoriya Stephan...      金沢散策&つる幸 >>