2015年 05月 08日

花山椒鍋

白洲正子さんの本などに登場する花山椒鍋というものが前から気になっていたのですが

黒崎の和食のお店「まつ山」さんでもラッキーな人は食べれる(毎日入荷するわけではない)、、と聞いていて

というのも、桜の散るころからほんのわずかな期間だけ山椒の木に咲くのがこの花山椒なので

とても貴重で量も少ないため食材店などに出回るものではないらしく、一部の有名料亭などで

しか食べれないので、あ~いつか食べてみたいな~と思っていたら、京都の和久傳で季節限定で

購入できることがわかり、早速、今しかない!とお取り寄せしてみました~(^^)/

c0116778_6492585.jpg


ちょうどNちゃんも一緒にごはんを食べることになっていたので、もう一人のNちゃんも

食べてみたいに違いない、、とご近所仲間で試食タ~イム♪



蓋を開けたら、こんな風にお鍋の材料が入っていて、、かぼちゃの生麩やまる餅麩が入っているのが

京都らしいです。。

c0116778_6494315.jpg


京都らしい上品な薄味のお出しに、、ごぼうと鶏肉の旨味がでたところへ、花山椒投入~(^^)/


c0116778_653691.jpg

c0116778_653789.jpg




おーーー! 予想していたよりもず~っとずっとやさしいお味でとっても上品な香り。。

これは食べたくなりますねーー  いい!!

実は思っていたより量が少なかったので、煮たようなお出汁を別にとっておいて、、少し前に

水炊きの長野で知った、これ系の鍋にはしらたきとお麩が合うということで、それらもさらに投入

c0116778_653887.jpg


したりしつつ、結構たっぷりと味あうことができました~  あ~~満足~~(^^♪

ちなみに、実は1歳半のEちゃんも一緒に食べたんですけど、さすがに1歳の子に山椒は無理でしょー

と最初は山椒投入前のものを食べさせていたんですが、とってもこのお鍋の味がお気に召したようで

E姫も食べるの大好き人間なので、おかわり~おかわり~~と何度もおかわりするうちに山椒入りの

おだしも食べだしたんですけど、1歳の子でも全然平気なまろやかさ。。

茗荷ごはんや里芋にトマトなどちょこちょこ用意していた他の料理もパクパクおかわりしてくれて

嬉しかったな~~^^


ということで、ずっと前からいつか食べてみたいなと思っていた花山椒鍋食べれて大ハッピー!

一緒に食べたみんなもオットも今日の感想は「☆☆☆」で大満足だったようでよかったです。

花山椒って実は今日のようなさっぱり鶏鍋以外にも、牛肉と合わせるのも美味しいんですって。

来年は牛しゃぶ+花山椒でいただいてみたいです。


うふ、来年のお楽しみができました~^^

by foodingclub | 2015-05-08 23:31 | 料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fooding.exblog.jp/tb/24095504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 抹茶のダックワーズ      自家製味噌解禁 >>