Fooding Diary

fooding.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ウェディング( 25 )


2016年 11月 24日

久しぶりウエディングブーケ

23日はfoodingメンバーのUちゃんのウエディングに参列してきました!

Uちゃんから嬉しいお知らせが届いたのが2ヶ月前?

それだけでもうれしいのに、是非ブーケとご両親への花束をと、、

今はウエディングのプロデュースはしていないのですが

Uちゃんのたってのお願い、、これは作らないとでしょーと久しぶりにブーケ作りました。

でも事前にドレスのお写真見せてもらったら打ち掛けをドレスにした豪華絢爛なお着物ドレス、、

c0116778_10055405.jpg


恥ずかしいだろうから顔はカットしましたけどとっても可愛かったですー💓^ ^

お着物であれば和風のブーケなんですが、こんなきらびやかな着物でもないドレス、、

はて、どうしたものか、、と悩みましたが

ドレスにも負けず、ドレスを引き立てつつUちゃんの顔をブライトアップするような、、

ということで、白無垢には白ダリアなど、、お着物ドレスには色とりどりのダリアやピンポンマムに水引をあしらいました。



c0116778_10055506.jpg


Uちゃん、とっても喜んでくれて良かった良かった❗️

ご両親への花束はそのままテーブルに飾れるリースがいいとのリクエストでしたので、

今回のウエディング全体が和でコーディネートさせれていたのもあり、お二人のお母様の好きな色を聞き

ピンクと黄色などの元気のいい系ということで

生花のリースも2つ、、マムは長持ちなので10日ぐらいはそのまま綺麗でいてくれたはず、、^^

マムのリースはYティが一緒に花の仕入れから手伝ってくれて、Yティとの合作です😊

バタバタ期間の花の発注、仕入れ水揚げにもろもろ準備頑張らなきゃ!と思っていると、

「お手伝いさせてください!」といつもささっと手を差し伸べてくれる素晴らしいサポート力?気遣い?

センス抜群のYティの応援があるとわかっただけで百人力な気分でした。

Yティいつもありがとう〜〜*\(^o^)/*


右下に余計な私の後ろ姿が出てますが、滅多にセットしないからとインスタグラムに上げだ写真です。あしからず。


いやーとっても心温まる素敵な披露宴でfoodingメンバーテーブルはみんな号泣😅感動の嵐でした*\(^o^)/*

Uちゃんが初めてfoodingに来てくれたのはもうかれこれ10年以上前かも?

いつまでもこうやって素敵なご縁が続くこと、幸せです。感謝感謝✨✨


これからもご主人もご一緒に長いお付き合いよろしくお願いしますね(^_−)−☆


幸せな良き日でした!!


by foodingclub | 2016-11-24 23:51 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 26日

ウエディングお花編

今回のウエディングの会場はこの春久留米市にオープンしたシティプラザというとても立派な建物の一角にある六角堂広場。

そう、広場なんです〜

最近は一般的な会場でのウエディングは昔に比べるとぐんと素敵になってきたのでもうウエディングはお受けしていないのですが

こんな難題系?(笑)を相談されお願いされると、、しかも熱くお願いされると、、ねえ(笑)

ということで、今回のウエディングは畑メンバーのTeamBlissのみんなでお受けすることにしたのです。

会場装花は主にフローリストのNちゃんとYティと私で活けこみます。

Nちゃんはフローリストなのでもちろんですが、Yティもスウェーデンのお花の学校で学び、オランダの花屋さんで働いた経験の持ち主。

以前ウエディングのプロデュースをやっていた頃も一緒にお花担当してくれてたのでとっても心強いのです(*^^*)

そして、フードメインで今回担当してくれたKちゃんも、主に搬入搬出と設営で大いに活躍してくれたN氏にも手伝ってもらいながらまずは

会場作りから。そして「季節のお花でお願いしたい」というのが新婦のリクエストに応えるべく頑張って調達してきたお花はこのように会場を彩ってくれましたよ(^_−)−☆

ブーケからアーチ、バージンロード、階段などなど、、とにかく広場で広いですから、、

しかも170人ほどが人前式にも参列られるというのでセッティングも大掛かりでした。

こちらが特大アーチ。

c0116778_07221166.jpg


式台の両脇にはこれ。
c0116778_07221180.jpg

アプローチには東京から空輸されてきた300本のアガパンサスを。

c0116778_07221239.jpg

大階段の手すりにも紫陽花とリボン、、あ、写真が、、^_^;

1stブーケは新婦Hさんが選ばれたドレスが可愛いものだったので、Hさんの雰囲気に合うようにこんな紫陽花とスモークツリーに。
c0116778_07221259.jpg


今回ブーケはNちゃんが担当してくれたんですが、紫陽花とスモークツリーの組み合わせ大好きです。

このスモークツリーもとっても立派で東京から飛行機に乗ってやってきたものです。

c0116778_07221230.jpg

もう可愛いからいくつも写真アップしたくなります〜
c0116778_07221369.jpg


2ndブーケは披露宴で久留米絣のお着物を着られるのでそれに合わせたブーケをどうするか、、

久留米絣にブーケとなるとなかなか難しくてあれこれみんなで悩みましたが
c0116778_07221320.jpg


最終的には、この着物にぴったりだったかと、、Nちゃん流石です✨

あ、着物は右下の写真です。

c0116778_07221331.jpg


前日にお花やフードの準備風景を新郎のH氏に写メして送っていたら、「早くも目がナイアガラ」と返事が来たんですが

当日、お二人の素敵な姿を見た途端、私たちの目がナイアガラでした(笑)

いやー素晴らしいお式でした!!

(フード編に続く)



by foodingclub | 2016-06-26 20:23 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 26日

ウェディング当日

c0116778_06420405.jpg


梅雨ど真ん中だと言うのに、、なんと朝外を見上げたら青空が〜〜(^O^)/(^O^)/

新郎新婦の日頃の行いがいいのか?(笑)私たちの晴れ女パワーが炸裂したのか、梅雨とは思えない爽やかな天気です。

さぁ、ウェディング会場の作り込み、、ケータリングスペースの作り込みから頑張りますよ〜(^o^)/

搬入隊、出発!!

c0116778_06420410.jpg



by foodingclub | 2016-06-26 06:37 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 25日

ウェディング前日

c0116778_06355060.jpg

紫陽花150本、アガパンサス300本、ハラン250枚、スモークツリーにドラセナにダリアに〜


とにかくた〜くさんのお花に囲まれてTeamBlissのみんなで会場のお花作り。

いやー紫陽花と一言で行ってもいろんな種類と色があって、、今回のイメージに合う使いたい色の紫陽花探すのに一苦労、、

ほんとに花市場のみならず、広域に探して回りなんとかゲットできました(^o^)/


と同時にウェルカムフードのケータリングもするのでフードも同時に準備中。

こんな時間がまたエキサイティングなんです。

明日どうか晴れますように✨✨(^O^)/

by foodingclub | 2016-06-25 13:31 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 24日

ウェディング準備

週末のウェディングの準備であちこちバタバタと。

大きなセレモニーの準備ですから、あれこれ簡単ではないですが、

それでもその大変さも苦に感じないのはやはりウェディングのお手伝いを出来ることは幸せだからなんですよねー

準備しながら以前お手伝いさせていただいたウェディングの事思い出してふと、写真見返したり、、

c0116778_06310615.jpg


昔の写真見たらまたまた幸せ蘇ってきました〜(^O^)/

手前味噌ながら、あーあのブーケTちゃんにぴったりだったなー サイコーに可愛かったし

Kちゃんの花嫁姿一生忘れられないほど可愛くて、、などなど。

そして今回のウェディングの依頼主はこちらのS氏のぶどう畑ウェディングに参加して感激してくれたという新郎H氏。

c0116778_06310759.jpg


何もないところから、、そう屋根もテーブルも何もないところへS氏に連れて行かれ、

「ここでウェディングしたいからプロデュースしてください」から始まったあの時もなかなか大変ではありましたが
でも喜びも何倍??でしたっけ(*^^*)

葡萄畑の敷地の山栗拾いしてローストして森のバスケットに入れて森のチップスたちと一緒に忍ばせたり、、

ワイン用の葡萄やアケビをテーブルフラワーに飾ったり、、

葡萄はメインのお肉のソースにも(^_−)−☆

今度も何もないところでのウェディングですが、屋根はありますよ(笑)

さぁ、頑張るぞ‼︎(^_−)−☆


by foodingclub | 2016-06-24 06:19 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 13日

久留米絣

ウエディングの打ち合わせで久留米へ。

とあるところでこんなもの発見!

c0116778_17515121.jpg


久留米絣っていいですね(*^^*)

by foodingclub | 2016-05-13 17:50 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 14日

ウェディング 番外編

いつも早起きな私もさすがに今日ばかりは目がさめたら9時過ぎでした。。10時には

倒れこむようにベッドに入ったんですけどね。。


それでも体は鉛のように重く、、 まるで10年ぶりに運動会にでも参加したかのような

筋肉痛、、 なぜ? おそらくワイナリーの森の坂道を何度も猛ダッシュして駆け上がったり

したから???とにかく、午前中、体が重くて重くて動けず、、そのまま近所のマッサージへ。


いくと、嵐にでも遭遇し道に落ちてきていた小鳥をそっと介抱してくれるかのような労わりの目で

「ど、、どうしたんですかー?この体は!」と、、(笑)あ、はぁ~ ちょっと大きなイベントが

あったもので、、(苦笑)  指もあわてて飾りつけようの葡萄を収穫しているときに自分の指も

チョキッと切ってしまっていて、バンソウコウで巻いていたら、、 「指まで~、、、」と同情の

まなざし、、(笑)  

Sちゃんにいつか倍返ししてもらわなきゃ! と冗談半分で思いはするものの、この二人の写真

見たら、それもかき消されます。。。


c0116778_2220038.jpg


スペシャルオープンカーで入場した時のシーンです。。 (爆)



ま、本当はSちゃんたちのウェディングだけの疲れではないのですよ。

先日も体調不良でおかしいなと病院に行ったら、

「体に特に異常はありません。単純に20代のままのつもりで動いていませんか?」と、、

ギクッ、、、 (笑)  これですね、原因は(笑)


でもまぁ、こうやって人のしあわせのお手伝いだったら労を惜しみませんよ。

幸せが倍返しでやってきますしね^^


ということで、たまった仕事をこなすためにも早く復旧させねば~~ と


今日は"復旧Day”だったのでした。


こんな日はやっぱり体が美味しいダシを求めます。  美味しい~ダシたくさんとって

お茶代わりに飲みました。  そして夜はレモン鍋!ならぬカボス鍋!

あ~~ 体が喜んでる~~~(^-^)

by foodingclub | 2013-10-14 01:19 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 13日

ウェディング当日 料理編

私はお花と空間コーディネートだけを担当する予定だったのですが、、

また小鹿のような目でいろいろ相談されると、(笑)わかった!アミューズまで担当するよ!とあいなり、、

13時半パーティ開始までゲストのみなさんはお腹すかれるだろうと、前日入りし料理家のIちゃんが
たちが仕込んでおいてくれた浮羽の百姓組のみなさんから届いたフルーツを漬け込んだサングリアと

同じく百姓組の柿といちじくを使ったフィンガーフードを当日準備しウェルカムアミューズとして

お出しすることに。。。

c0116778_1421240.jpg


c0116778_1423295.jpg


c0116778_1424270.jpg


(写真悪すぎるーー!早く携帯買い換えなきゃ!)

パーティが始まったら最初に「山苞(やまづと)のバスケット」と名づけたバスケットの中に

入ったアミューズをみなさんで仲良く食べていただき、、写真はとりわすれました~

(山苞とは 山里からのおみやげ という意味があります)

前菜がこちらの国東半島のタコのセビーチェ 野菜のマリネ添え

c0116778_14321855.jpg


これは国東半島から「旅するキッチンカー」(キッチン付の車)ではるばるやってきたS氏の友人の

旅する料理人・Yさんによるものです。

つづいて料理家Iちゃんによるビーツの冷製スープ。 どんな味がしたんだろう~?味見しそびれたな~

c0116778_14104091.jpg


メインの豚肉はリバーワイルドの葡萄豚で、なんと土を掘って穴を作りその中で料理する

地中蒸しにて料理されました~ これは料理チームのIちゃん&Yさんはじめ新郎のハンター仲間の

狩人たちによるものです。

c0116778_14133926.jpg


c0116778_14135579.jpg


私とYティ、Nちゃんはアミューズのあとはもっぱら盛り付けなどのヘルプ担当。

c0116778_14144110.jpg


この葡萄もワイナリーのぶどう畑から収穫してきたぶどうたちです。


このあとハンターのE氏が狩猟していとめたイノシシを同じく地中蒸ししたものがでて、、(写真なし)

なんとこんな丸焼きまでキッチンの横では焼かれており、、

c0116778_1417512.jpg


絵的には一瞬ギョッとしますが、これが燻製のようになり絶品だったんです。。

これは2次会用にハンターたちによりこのように盛り付けられておりました。

c0116778_14345069.jpg


ワイルド~~~ こんなのが出る結婚式なんてないですよね(笑)

デザートはIちゃんとAさんによって焼かれたオレンジケーキとフルーツのマリネ。

c0116778_1420527.jpg


最後は新婦のMちゃんの第二の故郷ウィーンの紅茶にて一通り終了となりました。



いろいろと心配されたことも多かったのですが、全てが円滑に進み、、ゲストのみなさんも

この手作り感満載のウェディングパーティを楽しんでくださり、、、

無事に終えれたことはまさに奇跡の1日だったのかもしれません。


これも総勢20名のスタッフの素晴らしいチームプレイの賜物ですね。そしてそんな友人たちに

小鹿の目でお手伝いをお願いした(笑)新郎S氏によるマジックだったのかもしれません。


冗談まじりに「あなたもSちゃんに出会ってしまったんですねー」などとスタッフ間で会話が

飛び交ったりもしましたが、、奇跡の1日を起こしたのはみんなのSちゃんとそしてMちゃんに

対する愛だったんだと思います。


私も「Sちゃん、お金持ちになったら倍返ししてもらうからね!」なーんて言ってましたが

気づけばこの幸せな達成感、、そして新しいゆかいな仲間たちとの出会い、、、

既に倍返ししてもらっているのかもしれませんね。でもS氏には「倍返しよろしく!」と

言っておくのです~(笑)S氏が世界の巨匠になった時のために(笑)


SちゃんMちゃん 本当におめでとうー!すばらしい結婚式のお手伝いができて幸せでした。^^

by foodingclub | 2013-10-13 22:57 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 13日

ウェディング当日 お花と設営編

今年の4月頃だったでしょうか、、新郎のS氏に一緒に行きたいところがあると車で連れてこられたのが

ここ田主丸の巨峰ワイナリーでした。で、「ここで10月にウェディングパーティやりたいので

プロデュースしてください!」と。。。 巨峰ワイナリーは耳納平野を見下ろす耳納連山の小高い

山の中腹にあって、緑あふれるとっても素敵なところなんですが、なにせ、ウェディングなどを

おこなう場所(施設)はなくて、これまで一度も実績がない場所。。。無理よーと思いながらも

森の中のアプローチは歩いただけで幸せになれる心地よさだし、、

c0116778_10425555.jpg


野バラのアーチがあって、

c0116778_10433061.jpg


その下にはワイン用のぶどう畑が広がっていてとっても素敵なところ。 

c0116778_1044152.jpg


新郎のS氏は、ここから登場して~

ここで人前式をやって~~まるで夢見る乙女のように(笑)目をキラキラ輝かせながら私を案内します。

さらに、ここのBBQ場をパーティ会場にして、、

c0116778_10454170.jpg


このアウトドアキッチンで料理作ってもらって、、

c0116778_10464912.jpg


と。。。。

ワイナリーが素敵なところなのはわかるけど、BBQテーブルでしかも100人!!!

料理も100人分ここで作るなんて無理!と言う私を小鹿のような目で見つめるんです(笑)


そんな目でみつられると思わず、わかった!と言いそうになりましたが、やはり現状1人で

仕事をしている私が全部を受けるのは無理だし、心を鬼にして(笑)

じゃ、お花と空間コーディネートは私がやるけど、料理は他の友達にお願いして!となりこの

1大プロジェクトが動き出したわけです。 

途中何度も、大丈夫かな~?雨だったらどうするの?やっぱり他の場所見つけた方がいいんじゃない?と

思いもし、言いもしましたがそれでも気持ちは固く、、、^^; 

でも打ち合わせを重ねていくたびに、、いろんな人が出てくる出てくる、(笑)

建築家、アーティスト料理人、PAから狩人までほんとに多種多様なジャンルの友達が現れて、、

あの無謀に思えた(笑)ウェディングパーティもサイコーの秋晴れの天気の下、無事迎えることが

できました。あのBBQ会場もなんとかウェディングパーティっぽい雰囲気に変身、、


c0116778_11352189.jpg


c0116778_11354531.jpg


テーマは?に「ピクニック~♪」と言う新郎と「違うでしょ!ヨーロピアンワイナリーウェディングでしょ!」という新婦。。 (笑) 

なので二人の間をとったような雰囲気の空間を作ってみました。^^

c0116778_13232669.jpg


メインテーブルのお花はこのワイナリーの森の良さを盛り込みたくて、今日のこの日の朝まで

大切に誰にもとられないようにネットを貼ってバリケードしてもらっていた森のアケビやワイン用の

ぶどう棚になる小房のぶどうたちを早朝到着一番に収穫して入れ込みました。

c0116778_13262267.jpg


c0116778_13265412.jpg


ゲストテーブルにはバスケットを置いて、ゲストのみなさんにもピクニック気分を味わって

いただきたくて中には森のチップス、野菜の味噌バーニャカウダそして、田主丸の人気のパン屋さん

シェ・サガラさんには無理をお願いして焼きたてのバゲットをパーティ直前に届けていただき

入れ込みました。

c0116778_1330176.jpg


テーブルフラワーを置く場所がないので、リースを空中にぶら下げて、、

写真じゃわかりづらいですが、みなさんがお席につかれて上を見上げると森のリースが

あるといった感じです。

c0116778_1331232.jpg


ウェディング当日はYティ、Nちゃんという最強のメンバーも一緒に飾りつけしてくれて

かつS氏のお友達に美術関係のアーティスト設営のプロの強力なサポートメンバーたちや、新郎も

ギリギリまで設営スタッフとして働き、早めに到着した新郎の友人にも、ちょっちょっとーーと

声をかけ(笑)大勢のスタッフのおかげで無事飾りつけも終わり、、 スタンバイOK!

携帯シャメじゃ雰囲気伝わらないのが残念ですが、新郎新婦もとっても喜んでくれました。


よかったねSちゃん&Mちゃん! 手作り感満載ではあるけど、友人みんなの愛によって

温かみあふれる空間ができたよ~~



総勢20名を超えるスタッフのチームプレイはすばらしく、この頃にはみんな幸せいっぱいな

気持ちに包まれていたのでした~

さぁ、いよいよパーティの開始です。

c0116778_22203578.jpg



(料理編につづく)^^

by foodingclub | 2013-10-13 20:25 | ウェディング | Trackback | Comments(0)
2013年 10月 12日

ウェディング準備Day

さぁ、明日のウェディングに向けてこの1週間かけてあれこれ準備をしてきたわけですが、、

今日は最終的にお花やアミューズを一気に仕上げる日。

お花もできるだけフレッシュな状態でお届けしたいと思うと制作に入るのはやはり直前。。。

アミューズはなお更新鮮でなくてはいけないので、前日は大体徹夜作業を覚悟して臨みます。

準備も1人でするとなるとなかなか大変ですが、お花を吊り下げる(今回は空中にリースを

ぶらさげるのです)土台となるワイヤーを昨日夕方全テーブル分作っていて思ったようにいかず、

ボーッと途方にくれていたら(笑)、ピンポーンとYティがあらわれ、手伝ってくれて解決!

Yティが救世主に見えました!^^そして今日はフローリストのNちゃんが泊り込みで救世主として

来てくれてお花の活けこみのみならず、アミューズ準備まで手伝ってくれて、、さすがベテラン

フローリスト! ブーケはこうで、、メインテーブルはこんな感じにして、、あれは、、と

ちょっと伝えるだけで魔法のように作っていってくれます。すばらしいーーーー!!!!

もともと目が後ろにもついているんじゃないかと思うほど、目配せ、気配りのすばらしいNちゃんなので

仕事も動きも早い早い! 徹夜作業を手伝ってもらうつもりはなくて、翌朝出発が早いから泊まって

もらうことにしてたんですが、遅くても23時には寝てもらえるように、、と思ったのは甘かった、、

お花が終わってもウェルカムアミューズ3種類100人分、野菜5種の味噌バーニャカウダ100人分、

森のチップス100人分、、オットも巻き込み3人で作業したんですがやっぱり100人分って

思ったより時間がかかります。 Nちゃんのおかげで徹夜は回避できたものの

やっぱり寝たのは2時半ごろ。結局2~3時間睡眠とあいなりました~^^;

でもイベントの時はどうしてもこうなっちゃうんですよねー 

より良いものを作ってゲストの方に喜んでいただこうと思うと。

よっしゃー!あとは気合いだ~~(笑)


こちらそんな作業に1つで真夜中に揚げた森のチップス。。 栗は会場である巨峰ワイナリーの森で

栗拾いしたものなんですよー  みんな喜んでくれるといいな~^^


c0116778_1065833.jpg


by foodingclub | 2013-10-12 23:45 | ウェディング | Trackback | Comments(0)