人気ブログランキング |

Fooding Diary

fooding.exblog.jp
ブログトップ

2009年 07月 18日 ( 1 )


2009年 07月 18日

「アラフォーの会」で茶懐石♪

最近また楽しいことが一つ増えました... うふ♪

実は"アラフォーの会”というのを発足したんです ^^  

ずばりそのまま直球のネーミングで、メンバーはみんな私と同じ歳の人ばかり。

近年同じ歳の人との出会いが少なかった中、最近急に同じ歳だったことがわかったり
同じ歳頃の人たちとの出会いが重なったりで、そんな出会いがうれしくて、
かつそんな人たちがとってもパワフル&美しい人ばかり。
(密かにみんなを私の美容の先生にもしました!)

とっても刺激を受けたんですね。

なので、そんな元気のいいみなさんと大人ならではの会をしましょうというのが趣旨です。

「アラフォーの会作ったよ~」と声かけると、「そうそう!アラフォーっていいよね!」と元気
いっぱいのうれしいリアクション♪

アラフォーになった今だからできること、楽しめること、今だから学んでおきたいことなどなど
大人力にさらに磨きをかけるべくいろんなことを一緒にしていくことにしました。

まず初回の今日は茶懐石料理の「中伴」で料理教室です。

c0116778_7314531.jpg


今日の参加者は全員茶懐石のド素人。お茶を習ったこともない人ばかり、、、
茶懐石のいろはも含め教えていただこうという会です。

カウンターに5人ならんで、デモンストレーション形式でコースの中から3品教えていただき
茶懐石をいただきます。

まずは飯、汁、向付け。
c0116778_7194360.jpg

向付けは志賀島でとれた金印鯵。 鯵の下ごしらえや生酢の作り方を教えていただいたのですが、
今の季節にぴったりの上品な美味しさ♪ ごはんは表流の盛り方です。

煮物椀は旬の鱧。骨切りの仕方。
おダシのこと。八ツ橋牛蒡、汁物の食べ方など教えていただきました。
c0116778_7241031.jpg

毛利家で100年前に使われていたというこちらのお椀のすばらしいこと!
外観は家紋だけのシンプルさ... 
c0116778_7245211.jpg

でも蓋をあけ蓋を横におくと..
c0116778_725388.jpg

絵が完成するようになっているんですね~ 
船頭さんたちが蓑をつけ船をひいている姿で、梅雨の季節にしか使えないお椀だそうです。
雨が描かれていないところが日本美のよさなんだと教わりました。

もうこれはほんの一例... 200年前の器だったり、100年間使われている桶だったり...
出てくる器がすばらしすぎて、かつその器の背景も説明いただき、とーーーっても奥が深いんです。

40年も生きてきてもまだまだ知らないことだらけ。特に日本文化のこと、ほんとに知りませんねー
今からでも大丈夫! せっかく日本人として生まれ、すばらしい日本文化があるんですから
長い歴史の中で日本の先人が培ってきたこと、少しずつでも学べればと思いました。

今日は細かいことをあれこれ書くのはやめておきましょう。

料理を教えていただき..
旬をおしえていただき..
茶懐石の流儀を教えていただきました。

掛け軸の言葉に教えられ
日本人の美意識にふれ
日本文化のすばらしさにあらためて気づかされました。
...あ~書ききれません

今日の名言... 「物足らずをもって本懐となす」 「なすがままに...」など。

一つ教えていただくたびに、その深さに感激し、みんなで「深い~~!」ボタンを押してしまいました(笑)

こんな軽い私たちのノリも笑いながらつきあってくださった中伴の皆さまありがとうございました~
とーっても勉強になった濃くも楽しい時間でありました!

次回のアラフォーの会はあれと~これと~... 次から次と浮かんできて、今からとっても楽しみです。

by foodingclub | 2009-07-18 23:25 | 外食・レストラン | Trackback | Comments(0)